トップ / 歯科で健康管理をする

歯科で早期治療を

歯科で健康管理をする

かかりつけの歯科を持っておこう

虫歯になった時、痛みを感じた時でなければ歯科に行くことはないと思っている方も多いことでしょう。しかし、私たちの歯の状態は日々変わっていきます。自分で気が付いていないけれど歯に深刻なダメージを受けてしまっていることもあるのです。それを防ぐために、定期的にチェックしていく必要があります。しかし、自分で見ただけでは判断できないことも多いですし、見えない部分もあります。数か月ごとにでもよいので、歯科の定期検診を受けるようにすると、長く自分の歯を保つことができます。

歯科の定期検診を受けるメリット

歯科の定期検診を受けるとさまざまなメリットがあります。まず一つは自分では気付かなかった問題を早めに発見し解決できることです。虫歯は痛みを感じた時にはもう手遅れという場合が多いのです。なぜなら、痛みを感じるということはもうすでに虫歯が神経まで到達しているという事なのです。虫歯に侵された神経は元に戻しようがなく、抜くしかない状態になります。神経を抜くともうその歯は死んでいる状態なので、神経の元気な歯と比べると抜けてしまう可能性は非常に高くなります。そうならないためにも歯科での定期検診は忘れずに通いましょう。

↑PAGE TOP